格安航空券を購入する時の心構え

機内での不自由さに関する心構え

LCC機内は、出来る限りたくさんの人を乗せる事を第一に考えて設計されている事で有名です。従来飛行機のファーストクラスやビジネスクラスとは比べものにならないほどの狭さであるため、機内で不自由な点がある事は心構えとして持っておく必要があります。例えば、自分が通路側の席に座っていて窓際の席の人がトイレに行きたいとなると、一度席を立たなければいけないような事も発生します。そして、トイレから戻ってきた人が席に着く場合も再び席を立たねばなりません。

また後ろの席との間隔が狭いため、シートを思いっきり後ろまで倒して寝るような事も許されませんし、足を伸ばす事もできません。横の席の人との距離も近すぎて気を緩められないため、基本的に寝る事はあきらめる必要があると言えます。

飛行機遅延に対する心構え

格安航空会社の飛行機には、遅延の確率が高い・欠航率が高いといった噂がつきまといます。そのうち、欠航率が高いという件に関してはただの噂に過ぎず、従来の航空会社の飛行機と比べて目立って欠航率が高いという事はありません。しかし、遅延率が高めであるのは噂ではなく本当です。つまり天気予報で搭乗日の天気が良くない場合に旅行が中止になる心配はないものの、天気に関係なく何らかの事情で飛行機が遅れる可能性がある事は覚悟しなくてはなりません。

そのため、格安航空会社を利用する場合は時間通りに飛んだ場合の予定と併せて、国内旅行であれば30分・1時間・2時間遅れとなった場合も想定する必要があります。さらに長距離移動する海外便については5時間前後というような大幅な遅れが発生する事もあるので、空港内で暇な時間を過ごす事になる事も覚悟するようにしてください。